経営者のための
会計×経営

経営者のための
会計×経営

2017年8月1日

会社の英語表記「Inc.」「Co.,Ltd」の意味と選び方

 

会社設立時に社名の決定はとても重要かと思います。

また、社名自体は既に決まっていても、英語表記での社名については盲点である場合が多く、強制ではないですが、昨今では定款を作成する時には英語表記も加えるのが一般的です。

当ブログでは、何となくで決めている会社の英語表記についてしっかりと意味を理解して頂くことで、会社(株式会社を前提)に合ったベストな英語表記を選んで頂く事を望んでおります。

 

英語表記を決める際のルール

日本において、社名を英語表記する際のルールは特にありません

日本国内で登記される会社については、日本語で会社名を決める必要があり(ローマ字OK)、必ず会社の種類を表す文言を含めなければなりません。

例えば「株式会社〇〇」「〇〇有限会社」「社団法人〇〇」「NPO法人〇〇」「税理士法人〇〇」等です。

このように、日本語による社名ルールが備わっている以上、基本的には英文表記は付随的なものであり、英文表記のルールは特に設けられていないのです。

ルールどころか英文表記を決めなくても問題ありません。

 

英文表記は決めた方が良い

そうはいっても、昨今のグローバル化に対応するためにも社名の英文表記は決めた方が良いと言えるでしょう。

何より、費用が掛かるものでもなければ、決めておいて積極的に使わないという事も可能なので、リスクも無く英文表記は決めておくことをお勧めします。

 

Inc. と Co., Ltd. どちらがいいか?

日本ではまずこの2つのどちらかを採用する企業が多く、意味は以下の通りです:

Inc. → Incorporated 意味 : 法人(会社)化されている
Co., Ltd. → Limited Corporation 意味 : 責任が限定された会社

簡単にまとめると、両方同じ意味であり、”会社です”という意味になります。

日本の株式会社は責任が資本に限定されており、法人化された組織ですので、どちらにも当てはまります。

 

Inc.の特徴

特にアメリカで使われる事が多く、短いので社名との語呂が合わせやすい。

ABC Inc.など、見た目もすらっとシンプルになります。

Incの後に . (ピリオド)が付くのは、IncがIncorporatedの省略である事から、 英語のルール上”省略しています”という事を意味するためにピリオドを付けます。

 

Co.,Ltd.の特徴

日本では大手をはじめとするほとんどの企業がこれを採用しています。

日本の企業が”株式会社”という文言を会社名に含めなくてはいけないように、イギリスではLtdを会社名に入れる事が求められます。

Co., Ltd.を省略せずに表すと、”ABC Limited Corporation”となります。

Inc.と同じでこれを省略すると、ABC Ltd. Co.

そして、Ltd.とCo.の位置を変えるので、”変えたよ”という意味で , (カンマ)を付します。

省略形→ ABC Co., Ltd.

しかし、ヨーロッパの方では ABC Co. Ltd.のように、カンマを付していない場合や、そもそもABC Ltd.のような形でCo自体を省略しているのもよく見かけます。

 

 

Inc.とCo., Ltd.、どちらを選択したら良いか

どちらを選択したら良いか、ずばりアドバイスとしては、

 

会社名と並べてみてしっくりくるほうです。

 

しょうもない結論で申し訳ないですが、それが本当に一番です。

Links Inc.
Links Co., Ltd.

上記のように、シンプルな見た目にしたいか、ある程度の長さが欲しいか、もしくは看板や名刺の幅に合うか等、実務上の簡便性やデザイン性を考慮して決めるのが一番良いかと思います。

 

Inc.とCo., Ltd.以外の選択肢

上記二つ以外にもいくつかメジャーなものがありますので、紹介させていただきます。

・Ltd.
上記で述べた、Limitedの省略のみを加えたものです。

・Corporation
例:Microsoft Corporation

・Corp.
上記の省略形です。

・LLC
これは、Limited Liability Companyの略であり、合同会社や合名会社等の会社とパートナーシップ中間的な役割を持つ会社に使われます。